雑学クイズ一覧へ

3月5日は何の日?「サンゴの日、ミスコンの日」3月5日に関する雑学

3月5日はサンゴの日

今日は何の日? 3月5日の記念日や出来事、誕生日の有名人など、会話のネタになりそうなおもしろい雑学をまとめて紹介!

3月5日の記念日や出来事

3月5日は何の日で、どんな出来事があった日なのか?

記念日の由来や関連する雑学とあわせて紹介していくのだ。

サンゴの日

海中のサンゴたち

3月5日は「サンゴの日」

「3(さん)5(ご)」の語呂合わせと、3月の誕生石がサンゴ(コーラル)であることに由来した記念日なのだ。

それでは「サンゴの日」にちなんで、サンゴに関する雑学を紹介しよう。

サンゴは動物

サンゴはクラゲやイソギンチャクとおなじ刺胞動物(しほうどうぶつ)と呼ばれる動物の仲間である。

多くの人がサンゴと聞いてイメージしているのは石灰質でできたサンゴの骨格の部分で、ポリプと呼ばれる本体がその中で暮らしているのだ。

そして、そんなサンゴたちがたくさんあつまったものがサンゴ礁なのだ。

サンゴの色の秘密

サンゴ礁を形成するサンゴたちは褐虫藻(かっちゅうそう)と呼ばれる生物といっしょに暮らしている。

サンゴの鮮やかな色はこの褐虫藻によるものなのだ。だから、褐虫藻がいなくなってしまうとサンゴの色は白くなってしまうのだ。(サンゴの白化現象)

それだけでなく、サンゴは褐虫藻から生きていくのに必要な栄養のほとんどをもらっているので、褐虫藻がいなくなり白化したサンゴはやがて死んでしまうのだ。

水族館のサンゴは作りもの?

水族館にあるサンゴの多くは本物ではなくレプリカである。

なぜなら、本物のサンゴを展示するのは大変だから。サンゴはデリケートな生き物なので水槽の中にサンゴに適切な環境をつくるのがむずかしいのだ。

それに、水槽のレイアウトを変更するときなどもレプリカのほうが軽いので動かしやすく都合がいいのだ。

スチュワーデスの日

客室乗務員(フライトアテンダント)

3月5日は「スチュワーデスの日」

1931年の3月5日は、日本初のスチュワーデス採用試験の結果が発表された日だから。

このとき試験を受けた140人のうちで合格したのはわずか3人だった。ちなみに客室乗務員がいなかったころ、客室のサービスは飛行機の副操縦士が担当していたそうだ。

客室乗務員の呼び方

むかしはスチュワーデスという呼び方が一般的だったが、現在ではフライトアテンダントや客室乗務員、キャビンアテンダントなど性別を問わない呼び方がふさわしいとされている。

ただ、キャビンアテンダントは和製英語なので海外では通じないことが多い。

ちなみに、日本初のスチュワーデス採用試験のときは「エアガール」という呼び名で募集されていたのだ。

ミスコンの日

ミスコンのティアラ

3月5日は「ミスコンの日」

1908年の3月5日は、日本初のミスコン(ミス・コンテスト)の結果が発表された日だから。(良家の淑女を対象にしたミスコンで、実物ではなく写真で審査された)

ちなみに、このとき1等に選ばれたのは学習院女子部3年に在学中の末弘ヒロ子さんだったのだが、ミスコンへの参加が学習院で大問題になった。

ひどいことに兄が勝手に写真を送ったにもかかわらず、彼女はミスコン参加を理由に退学処分となってしまったのだ。

ミスコン出身の有名人

ミスコン出身の芸能人やアナウンサーを紹介しよう。

  • 藤原紀香(女優):ミス日本グランプリ
  • 叶美香(タレント):ミス日本グランプリ
  • 萬田久子(女優):ミスユニバース日本代表
  • 中野美奈子(アナウンサー):ミス慶應
  • 竹内由恵(アナウンサー):ミス慶應
  • 大橋未歩(アナウンサー):ミスソフィア(上智大学)
  • 滝川クリステル(アナウンサー):ミス青山

三幸の日

3月5日は「三幸の日」

「3(さん)5(こう)」の語呂合わせから、「ぱりんこ」や「雪の宿」で有名な三幸製菓が制定した記念日である。

三幸製菓という社名には、「お客様の幸せ」と「取引先の幸せ」、「会社(社員)の幸せ」の3つの幸せの実現したいという願いがこめられているのだ。

雪の宿の由来

三幸製菓の「雪の宿」というネーミングは聞きまちがいが原因で生まれたものである。

社長が出張先の宿で雪を見ながら「雪見宿」という商品名を思いついて会社に電話したのだが、電話を受けた社員が「雪見宿」と「雪の宿」を聞き間違えてそのまま登録してしまったのだ。

安藤百福の日

3月5日は「安藤百福の日」

1910年の3月5日が、日清食品の創業者である安藤百福(あんどう・ももふく)の誕生日だから。

安藤百福はインスタントラーメンの元祖「チキンラーメン」と、カップラーメンの元祖「カップヌードル」を開発した人物でもあるのだ。

ちなみに、安藤百福は96歳で亡くなるまで毎日チキンラーメンを食べつづけたといわれている。

その他の記念日や出来事など

  • 世界初のSF専門誌が創刊
    1926年の3月5日、世界初のSF専門誌「アメージング・ストーリーズ」がアメリカで創刊された。
  • 日本SF作家クラブが発足
    1963年の3月5日、小松左京・星新一・半村良など11人のSF関係者によって「日本SF作家クラブ」が発足された。

3月5日生まれの有名人

誕生日を祝う鹿のマスコットキャラ

3月5日が誕生日の有名人は誰なのか?

その人物に関連する雑学や豆知識とあわせて紹介していくのだ。

北条司

1959年3月5日生まれ。

北条司(ほうじょう・つかさ)は「シティハンター」や「キャッツアイ」で有名な漫画家である。

アニメ「シティハンター」には、浦沢直樹の漫画「YAWARA!」の主人公・猪熊柔(ヤワラちゃん)と思われる人物が登場する回がある。

登場するのは冴羽りょうが町中でナンパした女性(ヤワラちゃん)に投げ飛ばされるというシーンで、女性の顔は逆光でハッキリと見えないのだが、声はヤワラちゃんと同じ声優の皆口裕子がつとめている。

原西孝幸

1971年3月5日生まれ。

原西孝幸(はらにし・たかゆき)は、お笑いコンビ「FUJIWARA」のボケ担当で1兆個のギャグをもつといわれる人物である。

原西がプリキュアシリーズの大ファンであることは有名だが、実は「プリキュア」に出演したことがある。

出演したのは「スマイルプリキュア!」の17話で、相方の藤本といっしょに本人役を演じたのだ。(原西の持ちネタである変身のモノマネもアニメの中で披露している)

その他の3月5日生まれの有名人

  • ゲラルドゥス・メルカトル(1512年)
    地理学者
    メルカトル図法で有名。
  • ダニエル・カーネマン(1934年)
    行動経済学者
    「ファスト&スロー」などの著作で有名。
  • マイケル・サンデル(1953年)
    倫理学者
    「これから正義の話をしよう」などの著作で有名。
  • ジョン・フルシアンテ(1970年)
    ミュージシャン
    「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」の元ギタリスト。
  • 神宮司治(1980年)
    ミュージシャン
    「レミオロメン」のドラマー。
  • 山田まりや(1980年)
    タレント
  • 忍成修吾(1981年)
    俳優
    映画「リリィ・シュシュのすべて」などの作品に出演。
  • 松山ケンイチ(1985年)
    俳優
    「デスノート」や「ノルウェイの森」などの映画に出演。

明日の3月6日は「世界一周記念日」

「マゼランは世界一周していない」など、世界一周に関する雑学を紹介しているのだ。

3月6日は「世界一周記念日」 3月6日は何の日?「世界一周記念日」3月6日の記念日に関する雑学