雑学クイズ一覧へ

偉人の雑学「宮本武蔵は風呂に入らなかった」など他

アインシュタイン

つまらないものから「なるほど」と納得するものまで、世界の偉人や日本の偉人に関する雑学を幅広く紹介。

世界の偉人の雑学

地球儀

世界の偉人に関する雑学のなかからおもしろいものを紹介。

ピカソの本名は長い

ピカソの本名はパブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンテシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ。

長すぎて本人でさえ覚えていなかったらしいのだ。

エリーゼのためには、本当はテレーゼのためにだった

ベートーヴェンが作曲した「エリーゼのために」は、本当は「テレーゼのために」というタイトルだった。

ベートーヴェンの字が汚かったので「テレーゼ」が「エリーゼ」と間違えられたのだ。

ちなみに、テレーゼとはベートーヴェンが愛した女性の名前である。もしかすると、恥ずかしくてわざとわかりにくく書いたのかもしれない。

ピタゴラスの定理を発見したのは誰?

ピタゴラスの定理(三平方の定理)を発見したのはピタゴラスではない。

ピタゴラスよりもまえの時代から三平方の定理はつかわれていたのだ。

ちなみに、ピタゴラスの定理を証明したのもピタゴラスではなく、ピタゴラス教団(ピタゴラスの弟子たち)だといわれている。

ノーベルが数学賞を作らなかった理由

ノーベルがノーベル数学賞を作らなかったのは、恋のライバルが数学者だったからだといわれている。

ソフィア・コワレフスカヤという女性に恋をしていたノーベルは、彼女と仲がいい数学者に嫉妬して数学賞をつくらなかったのだ。

三蔵法師は150人いた

三蔵法師というのは個人の名前ではない。

経蔵、律蔵、論蔵という仏教の3つの教え(三蔵)をマスターしているお坊さんのことを三蔵法師と呼ぶのだ。

西遊記に登場するあの三蔵法師も150人以上いたとされる三蔵法師のうちのひとりなのだ。

日本の偉人

富士山

日本の偉人に関する雑学なかでおもしろいものを紹介。

宮本武蔵はクサかった

かの剣豪の宮本武蔵は極度の風呂嫌いで体臭がすごかったといわれている。

入浴中はどうしても隙ができてしまうので、なるべく風呂に入らないようにしていたそうだ。

ひどい体臭も武蔵の強さの一部なのだ。

徳川家康と鉛筆

日本で初めて鉛筆をつかったのは徳川家康である。

その鉛筆はいまも静岡県にある久能山東照宮博物館に保管されている。

ちなみに、メガネを初めてつかったのも徳川家康だといわれているのだ。

豊臣秀吉のあだ名

豊臣秀吉のあだ名といえば「猿」が有名だが、織田信長は秀吉のことを「ハゲネズミ」と呼んでいた。

秀吉のことを「ハゲネズミ」と書いている手紙ものこっているのだ。

ちなみに、信長が秀吉を「猿」と呼んでいたかどうかは文献がのこっていなくてわからないそうだ。

紫式部は本名ではない

紫式部とは現在でいうペンネームのようなもの。

当時は女性が本名を知られるのは恥ずかしいことで家族以外の人には決して名前を教えなかったのだ。

だから、紫式部の本名はわかっていないのだ。

神様・仏様の雑学

大仏

もっと偉大な存在である神様や仏様に関係する雑学を紹介。

七福神にいる日本の神様はひとり

七福神のなかにいる日本の神様は恵比寿だけである。

大黒天、弁財天、毘沙門天はインドの神様で福禄寿、布袋、寿老人は中国の神様。

ちなみに、大黒天とはヒンドゥー教のシヴァ神のことなのだ。

大仏の髪型

大仏の髪型はパンチパーマではなく螺髪(らほつ)という髪型。

お釈迦様の髪型をもとにしているのだ。

ちなみに、螺とは巻き貝のことである。

お釈迦さまの死因は食あたり

お釈迦様の死因は食あたりだった。

そのとき、食べたのは「スーカラ・マッダヴァ」という豚肉の料理だといわれているのだ。

スーカラ・マッダヴァが毒のあるキノコだという説もある。